上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
離乳もままならずに養子養女に迎え入れ、
獣医さんにも「大変なスタートだわね!」と。
フード探し、抗生剤あらしを続けながら
粘血/軟便 原因追求の旅は良い方向へ~。




< PART 2 >




7月初め

2にゃんのうんP状態は引き続き同じ状態の粘血&軟便。
ベリーニは完璧うんPの3分後に粘血/軟便を。ときどき嘔吐(液体)もあり。
抗生物質(CLAVAMOX)は引き続き投薬 (最終的には9月初旬まで継続)
そして、ベリーニのみフラジールも継続(7月10日まで)





c_20100218135902.jpg

左:ミモ 「でも、あたちたち元気もりもりで飛び回ってるでしゅよ」
右:ベリ 「おみじゅ、たくさん飲むでしゅ。えいよーえいよ!!」
僕ちん、水も滴るいい男!(アゴにお水ついたまま~)
2にゃんとも、お水の摂取は大量です。









7月11日 状況チェックの検診
体重: ミモ 1390グラム、  ベリ 1474グラム ←←挽回してる!  

2にゃんとも血液検査 
ベリのみ皮下輸液と嘔吐止め(Cerenia Injectable)


食事:
繊維質で大腸の細菌関係を掃除 兼 ゆるPを固める作戦
 ⇒ヒルズのW/D(セルロース配合)のカリカリとウエット

投薬:
大腸に効くと言われる抗生剤 
 ⇒TYROSIN(タイロシン)(注文の為7月27日からスタート、8月10日まで続ける)


そして、内科専門医の診察を進められる。


*血液検査の結果
ミモサまで白血球値が高いことが判明
両にゃんとも赤血球値が少々低い(貧血気味)
 ⇒PET-TINIC(ビタミンと鉄分補給)を投薬(7月14日から7月28日まで2週間)




b a

ベリ 「僕ちんだって、重くなってますよ~」
お料理用のスケールで。この頃は簡単に計量できてました。








m a

ミモ 「あたちだって、成長してますよ~」
お迎え時に使用していた、おトイレボックス。これもちっちゃくなりました。








7月14日 内科医専門病院にて
体重: ミモ 1340グラム、  ベリ 1474グラム

診断としては、白血球値が高すぎるからFIPの疑いは考慮に入れなくて良い。
お腹が炎症ということは、IBD(炎症性腸疾患)とも考えられるが?
 ⇒それにしては、幼すぎるのでは?


残るは食物アレルギーの可能性も?
ということで始めているW/D(繊維質との取組み)の様子をみて、
消去法で対処し始めることになりました。








m d

ミモ: 「おにゃきゃのこと沢山リサーチしてくだちゃいねっ~」
でも、そこで寝られたら、調べものできないですよっ!








b c

ベリ:「おくしゅり、沢山食べたら、おにゃかよくなるでしゅね」
そうそうその調子!








7月25日 3度目のワクチン接種(FELINE DISTEMPER 4WAY)
体重: ミモ 1673グラム、  ベリ 1814グラム

投薬は継続。
特に変化はない&体重増加も順調なのでワクチン接種
そろそろ、去勢/避妊の手術の準備も。



b_20100218135903.jpg







7月のまとめ

投薬:
引き続きCLAVAMOX (抗生剤)←これが実際の命綱となっていました。9月2日まで使用。
TYLOSIN(マクロライド系の抗生物質)7月27日から8月10日まで
PROBIOCIN (乳酸菌)10月中旬まで使用
Pet Tinic 貧血防止 7月14日から7月28日まで



サプリメント:
主にホリスティック関係のAZMIRAを選びました。
E-MAILで相談したら、MEGA PET DAILY, SUPER C2000, GARLIC DAILY AIDが
3つの要だから絶対摂るようにと薦められ、上記2つを選択。
そして;

Pau D’ARCO (Stimurate Immune System)、免疫促成
Colostrum (Immune Factor)、初乳
Super C2000 (Vitamin C)
Mega Pet Dairy (Vitamins & Minerals)

そしてそのほかに細菌を殺すビープロンも日本から送ってもらい追加。



4にゃん姉弟で生まれた2にゃん。
恐らくママにゃんから免疫(初乳も?)を充分もらえなかったのかも?
それをターゲットに免疫強化に徹底しました。

*サプリメントについて
基本的には両獣医さん奨励ではありません。
現投薬物に弊害がないかだけは確認して与えました。


食事:
繊維質療法(ヒルズのW/D)までにトライしたもの。
Hills A/D缶, Royal Canin Recovery缶, Royal Canin Kittenドライ、
Azmira缶, Innovaドライ, Originドライ, Natural Planetドライ

ホリスティック系メーカーを中心に、
それから穀物も殆ど与えないようにしました。





m b

ミモ:「くんくん、いいにおい?」
きれいでしょ?ミモベリも、元気にすくすくいこうねっ。








b b

ベリ:「ジャンプだってへっちゃら~、どこにでも行けましゅよっ!」
限界を知らぬ奴。そろそろ、柵も越えてキッチンへも侵入できるように。。。
ヒト科の食べ物非難だ!









8月8日 両にゃん血液検査

体重: ミモ 1956グラム、  ベリ 2240グラム

ミモのアゴに吹き出物(2,3日前から)
⇒カビ菌もしくはRING WARM の疑い?⇒1週間チェック後、異常なし。
塗り薬としてTRESADERM SOLUTIONを数日使用

*同時期ミモの耳垢(特に右耳のみ)も酷くなる

投薬:
引き続きCLAVAMOX使用
TYLOSINは効き目なしのため中止


食事療法:
HILLSのW/Dはそれなりに、うんPが固まり効力はあったものの
粘血は変わらないのと、成長期の仔にゃんずにとっては栄養が足りないのでストップ。
そして、HILLS Z/D(LOW ALLEGEN) HYPOALLEGETICに挑戦。

低アレルゲン(HYPOALLERGENIC)として加水分解された蛋白質源を摂取して反応をうかがう
のが狙い。⇒⇒ 8月8日まで試すが、残念ながら、うんPはものの見事に総崩れ!







a_20100218135902.jpg

右:ベリ 「僕ちん、もうひよわっ子じゃないんだから~」






8月17日 BILE ACIDS 検査
去勢/避妊手術に向けて、全身麻酔が可能かどうかのテスト。
⇒肝臓異常なし♪


8月26日 日帰り手術
体重:ミモ 2325グラム、  ベリ 2523グラム


《ベリーニ暴れん坊将軍の巻き~》
一日じっとさせられていたおかげで、夜には元気一杯の僕ちんに。
ヒト科の就寝時に、はしゃぎすぎてベットの角にぶつけて流血
即行で、緊急病院へ。。。。幸いなことに大事に至らず。ほっ。




b d

ベリ: 「なんだってアリでしゅよ~。あの時はイタイタだったけど、今はへーきでしゅ!」








m c

ミモ: 「ほーんと、ベリはおこちゃまなんだから~。」




< PART 3 > につづく

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://junjunla.blog93.fc2.com/tb.php/86-fbaff4d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。