FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“初おんも~、そしてキラキラ”にコメントありがとうございます。
近頃は、『おとこは愛嬌、おんにゃは度胸』なのかもねっ、

本当は 元気君と優輝君 そして 太郎ちゃん と見習ってもらいたいのだが…。まっ、♂は黙ってサッ○○ビールですかね?
あっ、そういえば最近 シュリ君 のおんも記事を拝見していないような??キテレツさんっ、どうでしょう??

GAVIちゃんの言うとおりにゃんこハイウエイは無料なのでミモちゃは今日も行ったり来たりのスタコラだったよ♪
m+yさん、そうそう坊はある君と同様に家宅捜査ばっちりしてます(笑)








さて、赤い人(またの名をサンタさん)がくれたゲジゲジ虫(HEX BUG)達、
まだまだ人気者っ♪

mb0.jpg

サッカーの練習にもなる!?



hex_bug_nano.jpg

こんなカラフルにたっくさんあります。
ところが、友人に買おうとお店に行ったらもうなかった…。
WEB注文だぁ~。
見てたら蟹さんとかいろいろあるようで。。。


ソファーの下に入ってしまっても、自力で出てきてくれるので大助かりっ。
バイブレーションがすごいのか、噛んでも口でキープできないの。ぽとっとね。





mb1_20110109132537.jpg

右:ミモちゃ 「にゃんだか美味しいかもっ??」
おもちゃもやっぱり食べちゃうの??











mb2_20110109132537.jpg


かぷっ!!



油断もすきもありゃしないっ!
生食(100%完全生チキンダイエットになりましたっ!!)
になって、ワイルドになってしもうた??





なんて、ワイルド=自然界に失礼っ。。。。




今日はこんな微笑ましいお写真をご紹介っ!







C1.jpg

手前 チーター兄①: 「ダメだぞ、もっと俊敏に走らないと!」




The Law Of The Wild says kill only when you are hungry
自然界のルール 射止めるのはお腹が空いた時だけ!


情報はこちらから


下記の写真は昨年10月に 写真家のMichel Denis-Huot氏がケニアでおさめたもの…。






C2.jpg

真ん中 チーター弟②: 「おみゃーさん、美味しそうな首してるんだけどなぁ~」




このチーター3兄弟、18ヶ月で母チーターから離れて以来一緒に行動。
この日はお腹は空いてない模様。
でもインパラ(鹿みたい、でもウシ科に分類される偶蹄類)の群れをみて
追いかけっこ。そしてこの幼い子が逃げ遅れちゃった。











C3.jpg

ちびインパラ: 「さんきゅ~、僕かけっこの練習がんばるよ!」

チーター兄照れてる??







自然界ってよくわからないもんですね。
殺生といえども、無駄なことはせず。。。







C4.jpg

ちびインパラ: 「おーーーいっ!みんな待ってぇ~~」

右: チーター弟③?? 「いつでも戻ってきていいんだぞーー。おいらが腹空いた時にでもさっ!」





この動物写真家さんのホームページはこちらへ ⇒ Michel Denis Huot

文章わからないのですが(仏語?)、
彼のフォト ギャラリーには沢山の自然界の動物が活き活きと登場しています。
まるでサファリに行ったみたい♪







♪ ミモベリも無駄な殺生はやめよーーねっ(笑)そしてキラキラリンク達成!ぽちっとお願いでーす♪





☆ そして、
三匹目さんっ、再度お礼のぺこっです♪






ネコ科大好きな皆様!

またまた行ってきましたよ~。(って遡る事6月19日)



FEBC/FCC のトワイライトツアー♪♪ (前回の記事はこちらへ ⇒ 1.2.3


EFBC (EXOTIC FELINE BREEDING COMPOUND)


          efbcLogo.jpg

Dedicated to the protection and preservation of the world`s endangered felines

WEBはこちら ⇒ The Cat House



EFBC/FCCは絶滅、危機に遭遇する猫科の動物の繁殖及び研究、そして公開一般教育をしている非営利団体の猫園。現在は約70頭のねこさんが在住しています。

ネコ科はFELID TAG(分類学)上では1996年の段階で36種と発表されているそうですが、
まだまだ生態内容が確認できていないものが多いらしく確定は困難。
ネコ亜科(FELINAE)とヒョウ亜科(PANTHERINAE)に大きく分けられています。
(ウキぺディアより)


今回はネコ亜科のちびたんたちを!

ネコ亜科にはまた、チーター属、カラカル属、ネコ属など9種の属があります。
家猫も属すというネコ属(felis)から私の大好きな2種を!



オセロット(OCELOT) と マーゲイ(MARGAY)


ワシントン条約による絶滅度は低く(Least Concern)なったものの毛皮目当ての狩猟は耐えないようです。


240px-Status_iucn3_1_LC_svg.png



生息地域はオーバーラップしているよう-- テキサス州などアメリカの一部、メキシコなど南米。
外観も類似しているが、マーゲイは小柄で、オセロットの幼猫のよう。
最大の違いは尾の長さともうひとつ!!(以下につづきます♪)
共に泳ぎも上手、木登りも得意で樹上で生活するそう。
人懐こい性格なので飼いネコとしても。
サルバドール・ダリは愛猫としてどこにでも連れてってたそう~。
船に乗って渡航もしてたそーな。





それでは、この施設にお住まいの麗しの君達をごしょうかーーーい!




マーゲイの、マギィ(Maggie)ちゃんのケージ

maggie1.jpg

「おーーい、マギィちゃ~~ん♪」

出てきてくれません。
それもそのはず案内表示には
“マギィはこのツアーがあまりお得意じゃありません”と!

なんだか、家猫さんのお住まいと似てますね。


シャイだったり、行ったり来たりと動きが活発さん達なので
残念ながら楽しいお写真撮れませんでした(涙)
とうわけで、この施設のサイトから拝借してのご紹介です。




R1_20100704141000.jpg J1_20100704140959.jpg



   左がオセロットのリコ (RICO)君。 そして、右がマーゲイのジュリアン(JULIAN)




R2_20100704140959.jpg J2_20100704140959.jpg


           左がリコ君で、右がジュリアン



ほーーんと、そっくりっ!




それではリコ君のやんちゃぶりを~~


R3.jpg

「ボク、木登りだーーい好きっ!」










R4.jpg

あはは、全然怖くありませんよーー








そして、ラリっちゃったお姿もお見せちしゃいましょう♪



この施設にはボランティアの人が沢山いるんですが
SMALL CATに関しては(特にオセロット)
家猫さんとみたいな付き合い方をしているようです。
いいなぁ、私も一緒に遊んでみたいっつ!






さて、ここで彼らのもう1つの大きな違いをお見せしましょう!



お隠れになってたマギィちゃん、ご登場です



magfeather[1]

オランウータンベビーぢゃありませんのよ~~。
オセロット以上に木登りの達にゃん!!










maggiecake.jpg

こーーんなぶら下がり方はおちゃのこさいさいっ!










で、後ろ足も。。。。

maggiefeet.jpg

そう、後ろ足だけで宙ぶらりぃ~~んとできちゃうんですの!


ネコ科の中で後ろ足を反転できるのはウンピョウとこのマーゲィのみなんだそう。
また全部の足が、木の枝を掴むことができるので、一本足で枝からぶら下がったりもするんだそう♪


この足の仕組みについてはYOU TUBEでご覧ください!必見ですよ~。





ジャンプ力(35秒あたり)と足の踝の回転(1分10秒あたりから)は衝撃の場面♪




あ~、この野生美!うっとり&ほれぼれ~~

もちろん毛皮も美しいけど、そんなものは今の時代、
合成品で出来るのだから自然にしておいて欲しいものです!

家畜を襲われる被害など人間との共存は難しいことですが、
人間生活第一は極力避けたいものですね。




そ・し・て~~

今回もダディがラッフルに参加!参加料の一部は寄付金へ。

友人カップルがボランティアで司会担当(毎回サンフランシスコから来てるBIG黒猫=スパイクの叔母ちゃん&叔父ちゃんです。彼女の家には総勢14匹のにゃんが!)

0.jpg





で、戦利品は



じゃじゃーーーん!



b_20100701161655.jpg

またまたミモベリにでっかい弟君が!!
早速ビガー(BIGGER)と命名♪

そして、そしてっ、繁殖提携しているロス アンジェルス動物園ご招待券♪
やったぜぃ♪ 行ったことがないのですが、ユキヒョウ君達にも会えるとか??










早速戯れるにゃんず達??

mb_20100701161654.jpg

「ちょっと前、しちゅれいしますよ~」

「あったま大きいのは興味ないんよ~」


ミモちゃ、ビガー君のお顔舐めてたんだけど
即行であきちゃったのね…。


今度のツアーは9月!カレンダーに○印です♪



 ♪ ミモベリも木にぶらさがれるかにゃ??応援ポチッとお願いしまーす ♪


にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ



お待たせいたしましたっ!

BIG CAT その3 でございます。

(その1、その2は、横のカテゴリーのBIG CATからご参照ください)



EFBC (EXOTIC FELINE BREEDING COMPOUND)

          efbcLogo.jpg

Dedicated to the protection and preservation of the world`s endangered felines

WEBはこちら ⇒ The Cat House

(ブログの登場にゃん物のいくつかのお写真もこのサイトから借用しております)




今回は、この施設で2番目に頭数の多いジャガーにゃん達についてです。






FC BC3 1

おっと、間違えちゃった、

彼は、先日ご紹介したアムール豹のセバスチャン君!

何度みてもゴージャス♪ ほれぼれ~~















FC BC3 2

あれっ?これもセバスチャン?

いえいえ、かれはジャガーのポンチョ君(PONCHO)。
現在、5歳の青年期。



豹とジャガーの違いわかりましたか??





☆  ★ ★ ★   ☆  ★ ★ ★   ☆  ★ ★ ★  ☆


大まかな違いは:


頑丈そうな体格が「ジャガー」、比較的華奢なのが「豹」

なにせ、虎、ライオンの次に大きい猫さんがジャガーさん。
豹と比べると首周りもしっかりしていて、足も太くて短いそうです。
(写真じゃちょっとわかりにくい)

ともに木登りが得意で、豹は樹木の上で獲物を食べたり、子育てしたりするそうです。



背中や側面の梅花紋に黒い点が有るのが「ジャガー」、無いのが「豹」

ポンチョ君のロゼッタの中に点があるのわかるかな?
そして、黒豹さんと同じく、黒ジャガーさんにも模様がちゃんとありますよ~。



(おおまかに)アメリカ(北米/南米)大陸に生息するのが「ジャガー」、
アフリカやアジアに生息するのが「豹」


体長はともに120~180センチくらい。尻尾は全長の半分!
寿命は天然だと、10年くらい、動物園や施設等では、20年くらい生きるそうです。







FC BC3 3

で、この方の体長は??
ベリ:「おやつのありかが、わかったらぐーーーんと伸びるんでしゅ~~」


因みに、ベンガル猫:
ベンガル虎ではなく、ベンガル山猫とイエネコさんとの交配種。
1970年代、カリフォルニア大学でネコ白血病の研究のための実験が目的。
この時に生まれたネコが、後のベンガルの基礎になったといわれているそう。
イエネコさんは、アビ、アメショー、エジプシャン・マウ、シャムにゃんが中心。











そして、この子が、黒ジャガーさんのドック(DOC)君 


FC BC3 9

うす~く、模様わかりますね。















3cubs1hour.jpg

1998年に2にゃんと一緒に誕生。(父母ともYELLOWジャガーさん)
生まれて1時間後のお写真。
何気にみなさん、黒い部分が多い~。

ここの施設で3にゃん、元気に暮らしていましたよ~~。
でも残念ながら、幼少期にケージは別々にされてしまったんです。


その理由?


どういうわけか、ジャガーの中には尻尾を食いちぎってしまうという習性が
あるようなんです。















FC BC3 5

こちらは先ほどのポンチョ君の妹のローザ(ROSA)ちゃん。
このイベントで、新しいダンボールをもらって、すりすり大喜び~~。
やっぱ大きくってもネコっ!!















ダディが撮影したROSAちゃんのすりすりぶり、
ご覧あれ~~♪♪




気がつきましたか?
彼女しっぽを噛み噛みしちゃうので、麻酔手術で全部切断しちゃったんです。
本当、何故噛んでしまうのか不思議です。


ところでめんまねえさ~ん、
ローザちゃんもプリッ尻 参加できるかしらっ??

→ 記事はこちら♪ ねこぼんのう ねこのめんまは猫じゃない














そして、兄貴のポンチョ君 動画にて再登場~~



最初は、ボールとして遊んでたんだけど、お腹が空き始め?
むしゃむしゃ~スイカと格闘♪















FC BC3 6

「もっと大きなところであそびたーーーいっ!!」??

先回登場した、ペルシャ豹のキアナ(KIANA)ちゃん

でっかい肉球!!



彼らにとっては、狭い施設だけど、沢山の人から溺愛されて、
絶食デーはあるものの美味しいご飯も食べられて。。。

大自然の中、ハッピーに生きられるのが本望ですがね。
そういう大自然はどこに??


ちょっと考えさせられた一日でもありました。



また次回訪問したら、違うネコさん達もご紹介しますね♪











FC BC3 8
ミモ: 「今日も元気に、ご飯食べるでしゅよ~」
ミモちゃも、楽しく毎日過ごそうねっ!
あっ、でもおやつ増量はなしですよ~(笑)










【 おまけ 】

5_20100505150443.jpg

さーーて、今回のBIG CATの総復習ですよ~

誰が誰だかわかるかにゃ?
この中にはチーターさんも入ってますよ






      これからも大猫さんの絶滅危機防止に、ご協力願いまーす! 
     大きなことはできないけど、毛皮を買わないなど、現況を広めるだけでも!
     まずは、知ることから!ですね




にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ




BIG CAT その2でございます。



EFBC (EXOTIC FELINE BREEDING COMPOUND)


          efbcLogo.jpg

Dedicated to the protection and preservation of the world`s endangered felines

WEBはこちら ⇒ The Cat House

(ブログのいくつかの写真もこのサイトから借用しております)




↓ ↓ アムール豹のタンヤ(TANYA)君

BC2 1

大きくたって、自分で顔洗うもんね!?
にゃんず達、暑い日は、ホースで水浴びも大好きなんだそう~~









そしてこちら黒豹君は?


BC2 2

「僕は、ロビィ (ROBY)、今年で15歳なんだ」

豹の中に黒豹という種はないんだそうです。(皆さんはご存知でした?)
個体間の変異。劣勢遺伝から黒色が勝ちった結果。
マレー半島では半分くらい黒豹が占めてるそう。


豹は猫科の中で、イエネコを除き最も広範囲に渡って生息しているそう。
グループではなく単独活動。
木登りが得意で、子育て、食餌、休息なども木の上で!












BC2 3

「あっ、僕のマミィ~~」

彼と双子の二ア (Niah)ちゃんは、このサンディさんに育てられたそうです。
二アちゃんは韓国の動物園に嫁ぎました。















4_20100427122328.jpg

ロビィ、生後5週目。サンディさんと。
お目目が青いっ!

ミモベリも幼少時代はブルーアイズ♪










そして、我らがダディ、こんな楽しいシーンを撮影しましたっ♪♪♪


   ↓↓     ↓↓     ↓↓     ↓↓




** 音量(特に最後)にご注意下さい **
** 最後の方のキィーな鳴き声は、孔雀さんです **





さすがロビィ君。マミィの言ってることが判るらしく、
ローズマリーを匂ったり、メロンで遊べば?って言ったら
サッカーまでしちゃいましたよっ♪♪








↓ これはロビィ君 8歳の頃。

5_20100427122339.jpg

わかるかな?
ちゃんと豹柄出てるんです。
実は、黒一色という豹はいないんだそうです。
ちなみにフロリダに生息しているパンサーは黒一色、
で、彼らは豹の仲間ではなく、クーガーからの派生種なんだそう。

黒に近いダークブラン地に黒い豹柄がでてるんですね。
お日様が照ってるとわかりやすいです。
















BC2 6

ベリ:「マミィ達、君の兄弟には会えなかったんだって」

この他、ここの施設には

雪豹 (SNOW LEOPARD)
ウンピョウ (CLOUDED LEOPARD)

彼らもいるのですが、あいにく穴の中でZZZ中。。。
次回6月には是非!!





まだまだ BIG CAT続きますよ~~~。

次回はジャガー達に迫ってみますよ♪♪









≪ ≪ お ま け ーその1 ≫ ≫

YOU TUBEにも音だけ現れた孔雀たち。

BC2 7


鳴き声はすさまじいものがあるものの。。。。
施設に滞在中、絶えず数匹鳴き鳴きっ!





BC2 8

こんな感じで近くに来ても、音量大!
一度でいいから、ぱっと羽を開いた姿みとうございます!








≪ ≪ お ま け ーその2 ≫ ≫



BC2 9

今回合流した友人カップルのお姉さん(LA在住)の長男、

スパイク君、11歳

「僕だって、BIG CATなんだよ!」




確かにっ!!


BC2 10

10キロあって、あだ名もYOKOZUNAにゃんなんだって!





まだまだ続いちゃうけど、よろしかったらポチッとおねがいでーーす♪


にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ



久々の晴天!気温もそんなに悪くない♪♪



BC1.jpg

久々に、渋滞の町から遠ざかります





土曜日の午後、車ぎうぎうを走りぬけ~~







BC2.jpg

1時間以上走った頃には、景色も一変し。。。。






着いたところは???


CAT HOUSE!!




3年ぶりにトワイライトツアーに参加!


EFBC (EXOTIC FELINE BREEDING COMPOUND)


          efbcLogo.jpg

Dedicated to the protection and preservation of the world`s endangered felines

WEBはこちら ⇒ The Cat House



ここは、交配やリサーチを行う教育非営利団体施設。
70頭以上、18種もの絶滅に瀕した猫科の飼育をしています。
普段も一般公開されてますが、さすが猫科、夜の方がアクティブなので年に3回
夕方から奥までみせてくれるイベントがあります(寄付活動も兼ねて)。
ダディの友人カップル(サンフランシスコ在住)毎回ボランティアで参加しているので、
会いがてら遊びに行きました。


この施設は寄付金で成り立っており、人類増加の影響で、
絶滅寸前の猫科の動物たちを救う、現代のノアの箱舟的な役割。
全世界の動物園と協力して交配活動に専念し、種の維持をしているそうです。

ここに住んでるにゃん達は、すべて100%ピュアな種でISISやSSP (Special Survival Plan)、
PMP (Population Management Plan)にレジスターされている重要なねこちゃんたちだそうです。
生まれた子にゃん達は、プログラム参加の動物園に次の交配用にゃんに送り込まれるんだそうです。
そして商業用としての交配はありません。







それでは、私達が会って来た、華麗なるにゃん様たちをご紹介しましょう♪♪♪








BC3.jpg

大きいことはいいことだ!?

ホワイトタイガーのカトマンドゥー (KATMANDU)君 2002年生まれ

現在、世界において交配可能な大人の虎は2500頭もいないとされている。
密猟、迫害、そして定住区の縮小などが原因












BC4.jpg

ホワイトタイガーはベンガル種や、シベリアベンガル種の劣性遺伝からオレンジの部分がアルバイノ
として白くなるんだそうです。そしてブルーなお目目も特徴的。

この子は、2009年にカンザスの動物園から移住してきました。
(anemoneさん、みこちゃんのお友達かしら??)















BC5.jpg

そして、お隣のケージで気持ちよ~く、ZZZなのが
シーザー君 (2000年生まれ)






周りとすっかり同化、これじゃどんなハンサムさんかわかりませんね~。













BC6.jpg

実は、3年前に訪れた時に撮った写真。
なんとも荘厳なるいでたち!

彼は、ライセンスを持たぬ飼い主から没収されて2001年にここにやってきたそうです。



ここのにゃん達は、すべて生肉(冷凍で運ばれてくる)が主食。
メインは鶏で、馬肉も与えるんだそうです。理由は軟便防止なんだそう。
(あと、ミッキーマウスも与えている種もいるそうです)

自然に近い、兎は?
シーザー君に限っては、以前与えたら、まずそうに吐き出したそう。。。。


余談ですが、自然的生活では毎日獲物に食いつけるわけではないので
水曜日と土曜日は絶食日なんだそう。。。











さて、今度は小さめさんのご紹介を♪





BC7.jpg

「僕(私?)お水ごくごくしてるけど、本当はいっぱしの狩人なんだよ!」

   その名も FISHING CAT

(沢山いて、名前チェックもれ。。。。)















BC8.jpg

実際はこんなまるで

「ちょっと大きめな猫」さん!

主食は鳥や小動物。
でもお魚もきちんと捕まえてオヤツにしちゃうらしい。

ベリ坊も学んでみる!?








さて、もう少し小柄猫さんもここでご紹介を♪


BC9.jpg

暗がりで見えにくい。。。。

なんだか、我家にいるにゃんずみたい??









10_20100426151823.jpg

マーゲイ (MARGAY)という南アメリカに生息する小柄動物。
彼の名前はジュリアン(JULIAN) ---ちょっとミモちゃに似てる??


オセロット(OCELOT)の子供サイズ。。
サイズもそうだけど、ベンガル猫に似て高いところが大好き。
リスのように木を駆け回ってます。
写真撮るのが一番難しかったです。。。。

密猟も減り、絶滅種の中では、比較的危機度が低いそうです。





さて、にゃんずに似ているといえば、やはり豹猫さん達に登場してもらいましょう♪♪

(実際、ミモベリの祖先は山猫/ASIAN LEOPARDで、彼ら↓よりは断然小柄な豹ファミリーです)









BC11.jpg

この筋肉隆々で、ぶっとい足!うっとり~~。


彼の名前はセバスチャン (Sevastian)。現在6歳。
ここには4種の豹が住んでいます。
全部で2~30頭はいるかな~。



AMUR LOEPARD
PERSIAN LEOPARD
CHINESE LEOPARD
BLACK LEOPARD


本日は上の3種のにゃんずをご紹介を!












BC12.jpg

セバスチャンはアムール豹。


角にスリスリしちゃうんですね。


キャットニップはどうなのかな?とたずねたところ、
あまり反応はないらしく、ローズマリーやシナモンの方が
酔っぱするそうです。

そして、爪は切ってあげるの?
答えは、NO。
スクラッチポストのかわりに、
この丸太で各々掻き掻きどうぞ~らしい。







じつは、このセバスチャン、癌の病に侵されてキモセラピーにかかってるんです。
この日は、みんにゃに、遊び道具として、
メロンやスイカ、そしてダンボール、電話帳が与えられるんだけど、
電話長ぼろぼろ作業中、吐き吐きしちゃったんです(涙)。



BC13.jpg

ウインクしちゃって、このハンサムボーイっ!!

お医者さん費用、薬代に寄付金はいつでも募集中だそうです。

因みに、どの子達にも、お食事代として毎月100%もしくは
半分の寄付金でスポンサーになることができるんだそうです。















そして、お次はペルシャ豹のキアナちゃん(KIANA)ちゃん2歳。



BC14.jpg

「あたち、フランスから来たのよ~。ここから出たいのぉ~」

2歳なんて、まだまだべビ♪ 一番元気にゃんだったかも~。
来た当初、馴染むためにボランティアの人でフランス語が話せる人が
お世話していたんだそうです。言葉のピッチや高低で理解力も違うそう。













BC15.jpg

やっぱり、ダンボールは永久の興味箱♪


今年か来年あたりに、デンマークからお婿さんがやってくるそうです。
可愛い赤ちゃん見せてね♪♪















さて、お次は CHINESE LEOPARD ♪♪♪

実は、3年前に生まれたばかりのふたごちゃん (LIMING君とYANNA君)
がどんなに成人したかを~~~



BC16.jpg

3年前のべビズ。超だの列だったので抱っこはできなかったけど。。。。








残念、今回は奥のケージで会いにくい場所にいました。
しかも日がどっぷり暮れてしまい。写真も取れませんでした。
そうそう Mari_CA さん、ジェイジェイ君はしっかり元気してましたよ♪
ボランティアのおじさまに、すりすり~してました。
一番、ヒト科への接し方を心得てるダンディ君なんだそうです♪


* Mari_CAさんのブログでも沢山のにゃんずが紹介されてますよ~。
今回会えなかった雪豹くんも!!(ウラヤマシィ~)

A Little Something to Say from California












BC17.jpg

「ジェイジェイは僕たちの弟分なのさ~、
今度来る時は僕たちのエリアに先に見に来てよね~~」

BY YANNA君でしたっ。







さて、今回はここまでで。。。
続きは次にしますね。





BC18.jpg

「次回は、僕ちん達の仲間の黒さん登場ですよ~~」




いっきに書いたら疲れちゃいました。次回も楽しみにして下さる方、
ポチッとおねがいでーーす♪



にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。